【感想】どこでも誰とでも働ける 12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール

スポンサーリンク
転職 本

著者:尾原 和啓

 

目次

はじめに:いま起きている3つの大きな変化
【第1章】どこでも誰とでも働ける仕事術
【第2章】人生100年時代の転職哲学
【第3章】AI時代に通用する働き方のヒント

 

内容

起業家・けんすう(古川健介)氏、 YouTuber・ヒカキン氏、絶賛!

◇会社の外に居場所が見つかる!だから会社でも冒険できる!
◇AIにもブラック企業にも負けない「働き方のヒント」がここにある!
◇『ITビジネスの原理』『ザ・プラットフォーム』『モチベーション革命』と、3作連続Kindle総合1位の著者の最新作

私たちはいま、AIにより既存のビジネスが破壊される一方で、
「人生100年時代」と言われるほどに寿命が延びる時代を生きています。

会社が10年後に残っている保証はないし、あったとしても、一生同じ会社に勤める人はきっと激レアな存在になるはずです。
これからは、誰もが一度は、転職やフリーランスを経験するようになるでしょう。

本書は、そうした新時代にあわせてまとめられた、
あらゆるチーム・どんな職場でも使える、自由に生きるための超実践的な仕事術です。

Google、マッキンゼー、リクルート、楽天など12回の転職を重ね、
「AI以後」「人生100年時代」の働き方を先駆けて実践する著者が、
その圧倒的な経験の全てを込めました。

————————————————————
「どんなスキルを身に着けるといいですか?」という質問をよくされるんですが、
10年前には無かった職業がたくさんある今のような時代は、スキルではなくオリジナリティを伸ばさないとだめなんですよね。
この本は、若い人がオリジナリティのベースをつくるのにとても良いな、と思いました。
起業家・けんすう(古川健介)氏
————————————————————
急速にインターネット化していく社会の攻略方法&裏技がここに!
YouTuber(ユーチューバー) HIKAKIN氏
————————————————————

 

著者からのメッセージ

本書は、世界中の人々の働き方を根底から変えようとしている「3つの大きな変化」の話から始まります。
「そういった世界の変化は、自分には関係ない」と思われるかもしれません。
変化を実感されていない方も、まだたくさんいるでしょう。
しかしそれは、いままで日本が2つの特別な壁で守られていたからです。

そして、その壁はいよいよ崩れようとしています。

壁の1つは、「島国という距離の壁」でした。この壁は、インターネットによって20年前から崩れ始めています。
たとえばかつてアメリカ国内にあったアメリカ企業のコールセンターは、人件費がはるかに安いフィリピンやインドに移転しています。
コールセンターにかけられた電話は、インターネットによって遠くのフィリピンやインドにつながり、受け答えがおこなわれるようになったのです。

たしかにこれは、英語圏だから起きていることです。日本はまだ、「日本語の壁」によって守られているという人もいるでしょう。
でも、この言葉の壁すら、AIが進歩し、同時翻訳がビジネスレベルでも可能になれば、崩れることになります。
本文で紹介するように、それは決して遠い未来ではなく、10年以内に実現するでしょう。
むしろ英語圏のようにゆっくりと移行しなかった分、みなさんは急激な世界戦に巻きこまれることになるのです。

『どこでも誰とでも働ける』は、みなさんにこうした大きな変化を乗りこなせる人になっていただくための本、と言うこともできるでしょう。
本書の内容が少しでもみなさんの心に刺さり、仕事観や働き方のアップデートにつながることを、心から願っています。

 

感想

自分の殻を突き破る
評価:4.0

現状に満足せず、自分の殻を突き破る。
外向きに行動することを目指す人向けの書。
若い人に読んでほしいが、定年間近の人にも大いに参考となります。

具体例が多く参考になる
評価:5.0

著者が入社した各社で学んだ事柄や、著者自身が体験して得た人生を豊かに生きるためのポイントを紹介する内容。
著者は12回以上転職をしており、自ら方向性を持って転職先の見極めてきたわけだが、その際の方法や転職先で重宝されるための技術、会社外での人との繋がり方などが記載されており、非常に参考になる。
他の類書には無い点として評価できるのは上記の会社外でのつながりの得方のところ。
転職をせずに他社の人間考え方や技法に触れられるため、自身の視野を広げる助けになる。早速試してみようと思う。

良本
評価:5.0

非常に読みやすく、頭に入りやすい。ここ数年のトップ3に入る本だった。読んでて飽きない。

エリートでもそうでなくても、仕事に対する姿勢が大切
評価:4.0

転職歴が多いとありますが、前提として著者はマッキンゼーをはじめとした所謂一流企業が求める経歴をお持ちです。
ただこの本では、そこにあぐらをかくのではなく、転職してもやっていけるだけの具体的なテクニックや仕事に対する心構えが書かれており、この点はどんなビジネスマン、ビジネスウーマンにも共通して求められるものではないでしょうか。
個人的に特に気に入った箇所は、本編が終わり、「おわりに」に記載されている「やっぱりおおかみ」のエピソードです。
いろんな村を渡り歩きながらも仲間になりきれない狼が、自分の一人ぼっちさを肯定的に認めることで、他の種の馬や羊から珍しがってもらえ、更に楽しんでもらえるという生き方もある、というお話です。
転職を考えておられる方にも、これからの時代、どう仕事と向き合うべきかを考えておられる方にも、参考になる部分が多いと思います。

 

この本は、kindle unlimitedに登録すれば、今だけ30日間、対象作品が無料で読み放題!!(※読める作品は期間によって異なります。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました