【感想】プログラミング超入門!就職・転職・副業・老後~一生使えるスキルをあなたに~

スポンサーリンク
プログラミング 本


著者:尾形 学

 

目次

序章
プログラミング初心者が独学で学ぶコツ
第1節 苦手 意識を持たない
第2節 参考書選び
第3節 参考書を最初から最後までやる
第1章 好きなプロジェクトを立ち上げてみよう
第1節 プロジェクトを始めてみよう
第2節 ノートにメモを書いていこう
第3節 プログラミングをしてみよう
第4節 フィードバックをしよう
第2章 プログラミングを使った副業
第1節 プログラミングを教える
第2節 ソフトウェアの開発代行
第3節 自分自身へのお金を生み出すシステム構築
終章
第1節 まとめ
第2節 終わりに
おまけ

 

内容

あなたはこれからずっと安定した収入を得られると思いますか?

5年、10年、20年、、、と社会人生活は長く続きます。

しかし、その間に今働いている会社がずっと存続しているのかはわかりません。

現に今回の新型コロナですでに多くの企業が倒産にしています。

万が一あなたがいきなり無職になったとしたらどうしますか?

生活費、車や家のローン、子供の学費など払わなければならないものがたくさんあると思います。

そんな時、どうやってお金を稼いだらいいのでしょうか?

実は、これからの経済の衰退に伴う求人数の減少とは逆にニーズがどんどん増えていくスキルがあります。

それが「プログラミング」です。

今年から義務教育にも組み込まれたプログラミング。これがなにを意味するかというと、

政府が日本をIT大国にするために、国策としてプログラマーを育てていくということです。

IT業界はこれからさらなる成長をしていく業界です。

なので、プログラミングスキルさえ持っていれば、今後仕事に困ることはありません。

また、副業としても今プログラミングで月に10万円以上稼げる時代になっています。

私は、過去にいろいろなビジネスに手を出してことごとく失敗し、
半年で300万円を無駄にしてしまいました。

もうとにかく何でもいいからやってみる精神で色んなものを中途半端に試し、初期投資を回収する前に挫折してしまっていたんですよね。

しかし、プログラミング副業を始めたところ、たった半年で月収3万円超え、今では年の副収入は50万円以上に達するようになりました。

こういうことを言うと、「やっぱりセンスがあったんだよ」と思われるかもしれませんが、プログラミングにセンスはありません。
コンピュータの動きを決める作業なのでセンスの有無ではなく、やり方さえ知ってしまえば誰だってできてしまう内容です。

本書では、実際ただの平社員サラリーマンの私が、どのようにしてプログラミング副業で稼げるようになったのか、しっかり解説していきます!

あなたの人生を変える良いきっかけとなればいいなと思っています!

 

感想

概論だけで中身が薄い
評価:2.0

超入門って概論だけでがっかり。プログラミングを教える本ではないのでプログラミングを学びたい人には不向き。

プログラミング未経験者にオススメ
評価:5.0

パソコンが不得意な私でも理解できる内容でした。プログラミング副業始めてみようと思います!

稼ぎたい人のための本
評価:5.0

色んな副業をやりましたがこれからはプログラミングの時代ですね。参考になります。

本のタイトルと内容が合っていない
評価:1.0

アフターコロナでプログラミングが注目されそうだとゆう事だけで慌てて書いたのか、タイトルの「プログラミング超入門」や「一生使えるスキル」の部分の内容が見当たらない。
最後までずっとまえがきを読んでいるみたいで10分位の内容を読むのに30分かかって時間がもったいなかった。

 

この本は、kindle unlimitedに登録すれば、今だけ30日間、対象作品が無料で読み放題!!(※読める作品は期間によって異なります。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました