【感想】採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

スポンサーリンク
転職 本

著者:小島 美津子

 

目次

はじめに
基礎編 面接でチェックされるポイントが見える!
第1章 面接の目的を理解して準備をはじめよう
第2章 面接の落とし穴に用心しよう
第3章 質問のすべてに選考上の意図とねらいがある
実践編 必ず聞かれる質問の隠れた意図が見える!
第1章 気を抜けない導入やしめくくりの質問
第2章 採用選考の根本にふれる志望動機を聞く質問
第3章 どこでも必ず確認される経験・スキルの質問
第4章 選抜のカギを握る自己PRとヒューマンスキルを問う質問
第5章 会社への適応度を確認する雇用条件や勤務対応の質問
応用編 答えに詰まる難問のねらいが見える!
第1章 あいまいさに切り込む突っ込み質問
第2章 疑念をあげ、弱点を突くプレッシャー質問
第3章 不採用をほのめかす揺さぶり質問
第4章 正直に答えていいものか迷う難解質問
第5章 試されていると感じる難問・奇問難問・奇問

 

内容

一部上場からベンチャーまで、5000社を取材してわかった。

『もし不採用だったら、どうしますか?』『転職を決意したのは、なぜですか?』『うちのやり方は独特ですよ、経験が役立つと思いますか?』なぜ面接では、こんな質問をされるのか?

「質問の意図」をていねいに解説。モデルトークに頼らずに、効果的な自己PRができるから、内定がぐんと近づく!

 

感想

中身は普通の想定問答集です
評価:3.0

もちろん想定問答集でよく聞かれる質問への対策をしておくのは良いだろうけど
ただ想定問答を丸暗記して答えるのは無理。

結局コア、筋がないので変化球を投げられたら一発で終わりでしょう。

質問例が具体的でよい
評価:4.0

面接時にされるであろうソフトな質問からプレッシャーをかける質問まで具体的に網羅されてて大変参考になります。それと比べると回答例が、いまいち具体的でなかったと思いましたが、あくまで一つの例としては参考になります。

転職を考えている方で、特に技術系の方に一読する事をお勧めします
評価:5.0

転職目的で購入しました。

実際に転職活動中の私ですが、
職場スキルには自信がある方で、面接出来れば、スキルで採用されるだろうと甘い考えでいましたが、
この書籍により、自分の手段が一人よがりで、伝え方を何も知らない事に気付かされました。

私の場合は、
面接官の質問の意図が説明されている事、
NG回答が記載されている事、
この2点が特に今後の活動で役に立つと思いました。

また、Kindle版(一部図解ページが見辛いのですが)はずいぶん安い設定ですし、
通勤などの移動時間に読めますので、とても便利で更にお勧めです。

転職成功しました
評価:5.0

類書をいろいろと買って転職面接の対策をしました。
だいたい基本は同じことを言っていましたが、何冊もの本の内容をすべて実践するのは困難。
本書は過不足ない内容で、結局はこの1冊をきちんと読んで面接に臨みました。
転職理由と志望動機の整合性の取り方やその他聞かれやすい質問もばっちり。
丸暗記ではなく自分なりに考えて面接に挑めました。
分厚い参考書より適度な分量の参考書をやったほうが効果的だったりすることを改めて実感。

 

この本は、kindle unlimitedに登録すれば、今だけ30日間、対象作品が無料で読み放題!!(※読める作品は期間によって異なります。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました